実は犯罪行為!許されないネット上での悪口

ネットの進化による便利さの裏にある恐ろしさ

年々インターネット技術は進歩を続けており、インターネットを利用したコミュニケーションの取り方も多様化してきました。便利さを増しているインターネットではありますが、便利なものにはたいてい悪い側面も付きまとうものです。その悪い側面の一つが、ネット上での誹謗中傷です。この誹謗中傷は企業が対象とされる場合もあれば、個人が対象となる場合もあります。自分がこうしたことを絶対にしないということは当然ですが、こういったことをされていないかということにも注意が必要になってきました。

誹謗中傷は犯罪行為になる

インターネットは世界中のだれでも利用できます。そのため心無いことが書き込まれることも決して少なくはないのが現状です。しかし、こうした書き込みなどは法律に触れる行為になる可能性があります。具体的には名誉棄損罪と侮辱罪が代表的な罪状になります。もう少し詳しく説明すると、社会的な評価を損なわせる内容は名誉棄損、他社の人格を侮辱する内容は侮辱罪というようになっています。実際にこれまで、ネットの書き込みで起訴されたという例も存在しています。

心無い言葉は周りに相談を

誹謗中傷が犯罪行為であるので、もしもこうした被害に遭った場合は対策をすることができます。まず、心無い書き込みを削除したい場合です。この場合はまず、書き込まれたSNSや掲示板などを運営している運営者、あるいは運営する会社に削除要請を送ることができます。これによって、ひとまず書き込まれた部分について削除することはできます。次に法的措置です。法律的に処理してもらいたい場合は、警察に被害届を出す、裁判所に提訴するなどの方法があります。この際には法律の知識も必要になるので、弁護士に相談しておくのも一つの方法です。また、各地域にこうした事例を扱うコールセンターもあるので、そこへ相談することも可能です。

逆SEOとは、SEOとは反対に検索の順位を引き下げる手法です。評価の低いサイトや悪用、乱用のおそれがあるサイトに用いることで安全性を向上します。