トロフィーは大げさすぎないものが望ましい

もらうのはうれしいけれど

トロフィーってテレビなどでもらっているのを見ると、華々しくて、優勝者をたたえるには見栄えもするし、とてもいい方法だなあと思います。でも、現実に身近な場面で、いざ自分がもらうような状況になりそうな場合は、あんまり豪華で大きなものだとちょっと気恥ずかしくなりますね。もらって飾っておくのも気が引けますし。扱いに困る感じです。そういうトロフィーにふさわしい栄冠にでも輝いた場合は別ですけど、そうでもないときって、かえって恐縮します。

レプリカだけでいいと思うことも

本杯とレプリカを分けているところも結構ありますね。でも、大きな目立つ本杯がなくても、盛り上がるときは十分盛り上がるものです。あんまり形にこだわることもないような気がします。レプリカだけでも十分だと思うことも多いですけどね。豪華絢爛な本杯がないと、恰好がつかないってこともあるんでしょうか。あと、名前を次々と刻んでいくとか。そういうことが好きな人にとっては欠かせないものなんでしょうけど、そういうのって、凝ると際限がなくなりますよね。

ドロフィー選びは皆の総意で

派手好きな人の意見だけでトロフィー選びをするのはどうかと思います。あんまりそういうことは仰々しくしない方が、と思ってる人も結構いるものです。でも、声の大きい人って大概派手好きなんですよね。それでトロフィーは、時に場違いなほどビッグになったりする・・・一番いいのは候補をいくつか決めて、投票で決めるってことでしょう。今後新しく注文するようなときは、ぜひともそういう方法で決めてほしいものだと思いますね。

トロフィーとは、スポーツ等の各種イベントにて、優勝や表彰された時にもらうことの出来る記念品のことです。