必要最低限!低予算で始めるyoutubeなど動画配信。

動画配信の魅力と楽しさ

youtubeなどで定期的に動画を配信し、活躍の場を広げている人がいます。日常生活のちょっとした知恵やゲーム実況、ニュースや笑える企画など様々です。中には動画配信を活動の中心として広告収入等で生計を立てている人もいたり、動画配信をきっかけに全国に講演に周り収入を得ている人もいます。中古楽器の販売店では商品の動画を公開して商品説明を行い売上を上げている事例もあります。直接見に行かなくても動画で商品の判断が出来れば市場は店舗近隣の地域だけでなく日本じゅうに広がります。そこまではいかなくても同じ趣味を共有できる人が全世界に増え、様々な国や地域の人たちとコミュニケーションを取れるのも動画配信の魅力です。

大事な機材選びとポイント

動画配信をするにあたって、最低限必要なものが「パソコン」「カメラ」「編集ソフト」です。それぞれ目的に合わせて機能と価格のバランスを見ていけば良いですが、それでも1から揃えようと思うとまとまった予算が必要になります。プロの方は10万円を超えるカメラを使い、マイクや照明にも気を使います。画面が暗かったり音が聞こえにくいと動画の内容が上手く伝わらないからです。しかし、プロの動画配信者のような本格的なものでなく、仲間内でのコミュニケーションツールとして利用したいという程度であれば「スマートフォン」1台あれば大丈夫。一気に敷居は下がります。そしてちょっとした工夫と機材を足すだけで作成した動画は格段に見やすくなり、あなたの活躍の場を広げてくれます。

付け足す機材はお小遣いの範囲で揃います。

まずは、スマートフォンを固定する3脚が必須になります。せっかくの画面の手ぶれが酷いと見ている人が寄ってしまします。これは通販サイトで千円程度のもので十分。簡単な作りのものなら100円ショップでも購入できます。続いて音声を入力するマイク。声をしっかり入れたい方はピンマイクタイプのものを選ぶと良いでしょう。風景の音を拾いたい方はコンデンサー型がオススメです。オーディオインターフェイスもあればより良い音質で録音できますが、簡単な動画編集でしたら無理して揃える必要はありません。忘れがちなものが照明です。カメラ写りの良し悪しに大きく影響しますので是非用意しましょう。これも本格的な専用照明もありますが、LED型の作業等でも十分代用できます。せっかく撮影をするのですから綺麗に写したいものです。これらのちょっとした工夫で撮影した動画は格段に見やすくなり伝わりやすくなります。興味があるけど機材を揃えるのが大変という方にオススメの方法です。

ストリーミングとは動画や音声などをデータを読み込みながら同時に再生することで、見たい時にすぐに見ることができます。